Cloudブログ

エクスペリアン、Salesforce Chatterで社員のコミュニケーションを向上

本ブログはアピリオUSのクラウドブログにNicole Klempが寄稿した記事を抄訳したものです。原文 ”Experian Employees Get Social with Salesforce Chatter” はこちらからご覧いただけます。
 
 

はじめに

 エクスペリアンは世界各国でデータや分析ツールを提供しているグローバル企業です。17,000名もの社員のコミュニケーションをグローバル規模で促進することを目的に、「Global Recognition Program」が始まりました。その結果、社内のコミュニケーション向上だけでなく、社員1人1人のコメントが他の社員に与える影響など、コミュニケーションの効果を客観的に見ることができるようになりました。
 
 

グローバル規模の社内コミュニケーションをSalesforce Chatterで向上

 今日のワーカーはテクノロジーの進化の恩恵を受け、日頃から便利なアプリやツールに慣れ親しんでいることもあるため仕事場でもユーザと同じようなデジタルの体験を無意識に望んでいます。そして、エクスペリアンはこのようなワーカーに必要とされている便利でデジタルな体験をSalesforce Chatterを導入することで実現しました。今では個人そしてチームなど社内のコミュニケーションを横断的にできるようになり、またリーダーは社員の投稿したコメントをSalesforceで強化されたソーシャルプラットフォーム上で確認することができます。
 
 本プロジェクトにおいて、アピリオのChange Management Expertはソーシャルネットワークを円滑にシフトできるように、開発だけでなく、Chatterをうまく取り入れられるようにサポートしました。エクスペリアンのグローバル・セールス・オペレーションのSVP、Kelli Stephenson氏のインタビュービデオをご覧ください。(※ビデオは日本語字幕付きです)Salesforce Chatterがいかにグローバルチームの結束を高め、ワーカー・エクスペリエンスの向上に寄与したか紹介しています。
 
 
 

おわりに

 グローバルや会社の規模が大きくなるほど、社内コミュニケーションを円滑に行うのはなかなか難しいことかもしれません。現にエクスペリアンのインタビュービデオでも、最初はまずログイン数の増加に注目していたことからも伺えます。Salesforce Chatterでは、業務に関連のあるチームや部署でグループを作ってコミュニケーションをすることはもちろん、異なる部署、リージョンで同じ趣味や関心を持つ社員同士でコミュニティを作って、業務を超えた交流も可能になります。普段関わる機会のない社員との交流をきっかけに、仕事で新たな気づきが生まれたり、ちょっとしたことを気軽に相談できるようにもなります。一度使い始めるとなかなか手放せないSalesforce Chatterですが、まだ使ったことのない方は一度ご検討するのはいかがでしょうか?
Tags:  , ,
Appirio