Cloudブログ

FOTCD 2017(ジョイセフ様)

アピリオではFOTCD(Future of the Cloud Day)と呼ばれるボランティア活動を世界各地で行っています。

今年は9/29を活動日と定め、各チームそれぞれの団体にて活動を実施しました。

 

私のチームは、市ヶ谷にありますジョイセフ様にて支援させていただきました。

ジョイセフ様は、「人口、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ分野の国際協力を通して人間一人ひとりの健康と生活の質の向上に寄与する」ことを目的に活動をされている民間公益団体(NGO)です。

ジョイセフ様ロゴ

公益財団法人ジョイセフ

JOICFP(Japanese Organization for International Cooperation in Family Planning)

 

ボランティア活動の前に、ジョイセフ様から途上国の女性がおかれている状況について、ご説明いただきました。

さまざまな格差により多くの女性の命と健康が脅かされているそうで、一日に830人もの女性が亡くなられている現実を知りました。

特に、妊婦さんの事故が多く、子を持つ者としては気の毒で仕方がありませんでした。

ジョイセフ様ではそういった女性のため、途上国に助産施設を建設する支援もされているとのことでした。

ジョイセフ様新聞記事

説明後は実際のボランティア活動である「使用済み切手の仕訳作業」とSalesforce活用の技術サポートをしました。

この使用済み切手の仕訳は、一般の方から送っていただいた使用済み切手を規定のルールで整形したり、規格外の使用済み切手を取り除く作業で、仕訳後の切手は1kg単位で蒐集家に販売されるそうです。

そしてその売上げは先の助産施設の建設資金など様々な支援に当てられるとのことでした。

作業風景作業風景

仕訳作業は約3時間で、小さな切手を仕訳したりハサミで切り分けたりと地道で根気のいるものでしたが

切手の販売を心待ちにする方々、途上国の妊婦さんを心に描いて皆一所懸命、一心不乱に作業に打ち込みました。

切手の中には大変古い切手や、縁のある土地の消印があるもの、外国切手、テレフォンカードなども混ざっており、それらを見つけるのもなかなか楽しいものでした。

作業風景作業風景

作業成果は、およそ3.5Kgでした。

作業結果作業結果

また、ジョイセフ様はSalesforceを良く活用しており、一部メンバーは寄付に関連する情報を効率良くSalesforceに取り込む為のData Loaderの運用方法について指南しました。

 

今回のジョイセフ様でのボランティア活動は、私にとって4回目のお手伝いとなります。

私達ができることはとても小さなことですが、私達やその他ボランティアの方々の努力で、途上国の女性の皆さんの不幸や苦労が少しでも早くなくなることを願って止みません。

 

Appirio