Topcoder ブログ

topcoderを デザイン・開発・データサイエンス領域クラウドソーシングの理想形に

topcoder

クラウドソーシングが熱い。topcoderが始まるずっと以前からクラウドソーシングは存在していたが、この市場はこれからも私たちAppirioが牽引していきたいと思っています。

クラウドソーシングはあらゆる場面でゲームチェンジを起こせると信じています。 企業間の競合、人がどのように働きそして学ぶか、いかに世界の課題を解決するかまで幅広く。それこそがなぜAppirioがクラウド(crowd)と関わってきたかの理由です。この会社を2006年に立ち上げ、2011年にCloudSpokesという自社のクラウドソーシングプラットフォームを始め、そして2013年に世界トップのクラウドソーシングコミュニティであるtopcoderを買収しました。

topcoderの買収以来、大変な時間と労力をかけてこのクラウドソーシングモデル、つまりtopcoderのプラットフォームとコミュニティを改良し、私たちAppirioのビジネスとの融合をはかり、クラウドソーシングという新しい働き方が十分に活かされるやり方を模索し続けてきました。そのおかげでたくさんのことを学びましたし、大きく進歩することができました。関わったメンバーやお客様には本当に感謝しています。この道のりを共に歩み、適切なインプットをいただき、未来のクラウドソーシングのあり方を描く手助けをしてくださいました。

これまでのtopcoderに関しては、2014年の振り返りをはじめとするtopcoderに関するブログをぜひ読んでみてください。topcoderのメンバーに向けて新しいプログラムや様々な挑戦の機会をご案内しています。今日私からは、もう少し将来のお話をしたいと思います。クラウドソーシングがさらに世の中に広まり、そしてtopcoderが最大且つ一流の開発、デザイン、データサイエンスのコミュニティであり続け、さらに進化させられるようなプログラムと、メンバーおよびプラットフォームに対して投資をしていくことを重要だと考えています。私たちのビジョンとゴールを現実のものとするために、Appirioの社員は夜遅くまで取り組んでくれています。

現在の取り組みとこの1年で皆様にご案内できる予定のものを幾つかご紹介しましょう。

 

より良いプラットフォームでより良い経験をtopcoderメンバーとお客様に

  • 昨年topcoderのプラットフォームを最新ものに変更をしました。クラウドベースのマイクロサービスアーキテクチャです。すでにその効果がパフォーマンスとしてあらわれていると感じてくださっているメンバーやお客様もいらっしゃるようですが、まだまだ改善してきます。
  • Alex CasteroをCTOとして迎えたことを発表しました。エンタープライズクラウドソーシングプラットフォームを次の段階へ進めるためです。Alexはコンシューマ向けプロダクトの開発において強力で幅広いバックグラウンドを持っています。AWSチームの一員としてAmazonのクラウドソーシングマーケットプレイスであるAmazon Mechanical Turkの立ち上げに尽力し、直前はエレクトロニックアーツで製品担当のVPを務めていました。 Alexはこの何ヶ月かでtopcoderコミュニティメンバーにもっと知られるようになるでしょうし、メンバーがコミュニティーとより深くつながれるためにどのようにプラットフォームを改善すべきかについて示唆に富んだアイディアを出してくれることでしょう。
  • この1年でプラットフォームには数多くの機能改善や拡張が行われます。メンバーの皆様にとってはもっと使い勝手が良くなるはずです。新しいダッシュボードページや、メンバーの得意分野をハイライトできるプロフィール、相互レビュープロセスの整備などです。

 

学び、稼ぎ、自分の強さを証明できるもっと多くのチャレンジを

  • 最新技術にもっと取り組みたいという声をよくいただきます。これまでオファーされたSWIFTLightningを使う案件は新しいスキル習得のための素晴らしい機会をメンバーに提供できたと思いますが、これはまだほんの入り口であり、今後一層注力していきます。私たちはこれからも新しい言語が登場するたびにスキル習得の機会を作っていきます。
  • さらに多様なシングルラウンドマッチ(SRM)を提案していきます。例えば、最近私たちの顧客である大企業ITチームのエキスパート達がtopcoderのメンバーに匹敵するのかどうかを確認するためにその顧客社内向けSRMを実施しました。名だたる企業がちょっとした競争を社内に持ち込み、topoderのメンバーをベンチマークとして活用するなんてすごいじゃないですか。
  • マラソンマッチを復活させます。毎週行われるSRMはとても好評ですが、“遊び感覚で”取り組めるマラソンマッチが帰ってきます。

 

より多くのプログラムとチャンスをメンバーに

  • 今月の初めに年一回のトーナメント topcoder Open 2015(TCO15)を、さらに多くの方にご参加いただく機会にするための幾つかの変更(英語)を発表しました。topcoderは今年中にはほぼ100万人の登録に達する見込みです!TCO15の地域イベント(英語)についてこの何ヶ月かで様々な発表をしていく予定です。どうすればこのイベントがご参加の皆様に楽しんでいただけるか、いつでもアドバイスを求めています。
  • 私たちはメンバーの立場に立ったプログラムや活動、例えばInternational Women’s Day(英語) スポットライトシリーズのようなプログラムや、今月のメンバー(英語)などを実行し続けていきます。皆様の経験を高めることができるよう継続的な技術向上の取り組みを計画していますし、そのような機会を通して活躍される方を皆で讃えたいと思います。
  • 2014年11月にコミュニティアドバイザリーボード(CAB) (英語)をはじめました。それ以来毎月ボードメンバーと会っています。メンバーからのフィードバックはよく本質をついており、弊社スタッフとコミュニティーのコミュニケーションを醸成するのに大いに役立っています。プラットフォームの改善についてボードメンバーには事前にレビューしてもらい、コミュニティーの声代表として活躍し続けてもらいます。彼らからのレポートを楽しみにしていてください。またCAB専用のフォーラム(英語)でぜひフィードバックをしてあげてください。CABとの交流だけでなく、フォーラムを通していつでも直接私たちに話しかけてください。そしてフィードバックサーベイで私たちの活動に満足しているかどうか教えてください。

これまでも色々な取り組みをしてきましたが、コミュニティーメンバーの皆様のため、そしてそこに仕事を依頼するお客様のために、私たちはまだまだやることがあります。今年が始まってから3ヶ月間で、NASA、Salesforce、Booz Allen Hamilton (訳注: 経営戦略およびIT専門の老舗コンサルティングファーム。現在は米国政府へのコンサルティングに特化している)、IBMのような組織や企業から1025のチャレンジが実施され、58の国と地域にいるおよそ1000名のメンバーに2,270,000ドルの賞金が支払われ、48,000人の新しいメンバーが加わりました。

2015年中にコミュニティーは約100万人の規模に達し、賞金総額は1,000万ドル近くがさらに支払われる見込みです。もっと多くの仕事がコミュニティーに依頼されるでしょう。

現在の取り組み全てを通して、私たちは完璧ではないことを知っています。チャーチルは “向上するためには変化しなければならない、完璧になるためには常に変わらなければいけない” と言いました。常に変化することには馴染みにくいかもしれませんが、そうあるべきです。私たちにはその責任があり、皆様を必要としています。このコミュニティーがなければどんな変化も実現できません。

これからも変化し続け前進していきます。

[原文へ(英語)]

About Appirio

Appirio

アピリオ(http://appirio.co.jp )は、新たなクラウドコンピューティング経済の世界でお客様が革新を実現し成功を収めることをサポートする、グローバルサービス企業です。エンタープライズ クラウドソーシング分野のリーダーであるアピリオは、一流の人材とアピリオならではのユニークなクラウドコンピューティングサービス プラットフォームを組み合わせ、最高の価値をお客様に提供します。世界最大規模のクラウドソーシングのコミュニティ、いつでも展開可能な数千の情報資産、またクラウドコンピューティング・業界・技術など各分野の専門家の力を結集したアピリオのプラットフォームは、お客様の競合優位性の向上を支援します。Cardinal Health、コカコーラ、eBay、Facebook、Georgia-Pacific、Home Depot、Moen、ソニープレイステーションをはじめ、数多くの世界最大手ブランドが、アピリオをパートナーとして高い信頼を寄せています。

Appirio