社員インタビュー(南 博之)

自信があれば、挑戦すべき。
下流工程に埋もれるな。

コンサルタント
南 博之  2014年3月入社

アピリオへの転職を決めた背景と理由を教えてください

アピリオを知ったのは社員の方の紹介でした。その方とは前職が一緒で、彼が先にアピリオに入社していて声をかけてくれました。
当時在職していた会社は、技術者のキャリアパスの設定がなく、キャリアアップするためには管理職になるしかない、という方針は自分の希望とは違うと感じていたこともあり、アピリオへの応募を決めました。開発者にはコードの試験もある、ということでしたが、選考を通じて、技術をちゃんと評価してくれる会社だな、という印象を持ちました。また、設計からリリースまで担当でき、技術者にもキャリアパスがあると聞いて入社を決めました。

アピリオで携わったプロジェクトの内容を教えてください

大手スポーツ用品メーカーさんのSFAのプロジェクトをプリセールス、要件定義からリリースまで一人で担当しました。お客様の要望は、大きな組織変更が行われ人員配置を新たにする中、SFA導入により効率向上を図りたい、というものでした。組織変更とシステム導入が同時進行で行われていたため、時間の制約がありましたので、プリセールスの提案では、標準機能でお客様のやりたいことの多くがカバーできること、アピリオの強みであるスピードを活かして、お客様の想定しているロールアウトプランに間に合わせることができる点を強調したところ、弊社のセールスフォース導入案を採用いただけることになりました。

このプロジェクトは技術的に難易度が高い、というものではなかったのですが、2カ月弱という時間的制約に合わせつつ、最大限良いものをリリースする、ということはチャレンジでした。営業の方のヒアリングは、主に顧客先のプロジェクト担当の方がしてくださいましたが、自分で直接実施したこともありました。営業の方なので皆さんお忙しく、単につかまらない、といった理由で確認に時間がかかったり、営業の方でも、製品を担当されている方、スポーツ選手を専門に担当されている方など数種類あり、またそれぞれの営業報告書もまちまちだったので、それらの異なった営業活動データをどう一元化するか、ということも大きな課題でした。時間の制約がある中、皆さまの協力をいただき、なんとか期日通りにリリースすることが出来たことについては、大きな達成感を感じることができました。

アピリオにおける「コンサルタント」とはどういう存在ですか?

基本なんでもやります。お客さんとの商談や調整、設計もするし、開発もする。場合によっては保守や運用のサポートもします。

前述のスポーツメーカーさんのプロジェクトでは、トレーニングもやりました。実際はうちがトレーニングしたのは顧客先のキーマンの方々で、エンドユーザートレーニングは会社の方がされましたが、自分も同席して、実際に営業の方々に直接使い方を説明したりしました。プロジェクトの担当としては、せっかく作ったモノは顧客先でしっかり使って頂きたいので全然苦にはなりません。全国の支店を回ってトレーニング行脚をして、いろんな人に会うことが出来て楽しかったです。

今後アピリオで達成したいこと、やりたいことがあったら教えてください

まったく今までなかったものを創る楽しみもあると思いますが、これからはクラウドの時代で、セールスフォースやAWS、Herokuといったソリューションを使った市場はこれから益々拡大傾向にあると思います。今までオンプレでやっていたことを、どうクラウドで動かしましょうか、というのは面白いし、ニーズが沢山あると思います。

あとは、いかに「使っていただき、その先に繋げるか」ということをもっと多くのお客様と追求したいです。自分達が導入したシステムなりサービスは使ってもらってこそですし、導入だけで終わらずに継続して使っていただくことに価値がある。そして、一度一緒に仕事をしたお客様から、「今度こういうことやりたい」、「こういう目的があるんだけど、どうすればよいのか一緒に考えて欲しい」といったお声がけをいただくと、お客さんに頼りにされる感じがしてとてもやりがいを感じます。

前述のスポーツメーカーさんは、まだまだ課題を沢山かかえていらっしゃり、第二、第三フェーズの話しや、複数ある既存システムをどのように統合していくか、という話しもでていて、継続してお手伝いして、今後の新しい業務フローを一緒に作っていけたらと考えています。こんな風に、「ちょっとアピリオさん相談に乗ってくれない?」と頼られる感覚を積み重ねて多くのお客様のお役に立ちたいです。今後、セールスフォース始めクラウドの世界でいろんな話しがでてきそう、というのがありますので、それも楽しみにしている部分です。

アピリオへの応募を検討している候補者の方にメッセージをお願いします

やりたければいろんなことに挑戦できるのがアピリオの良さ、魅力だと思います。そんな環境ですので、自分の技術力に自信を持っている方にもぜひきてもらいたいです。それらが下流工程だけで埋もれてしまうのは勿体ない。もっとお客様に近いところで、世の中でどう使われているのか感じながら仕事ができたほうが絶対楽しいと思います。

スキルをもっと高くしたい人、「自分にはもっとできるんじゃないか」という方にも、ぜひアピリオの仲間になって欲しいと思います。

エントリーする

 

Appirio